成分

リデンとプロペシアの併用で効果倍増!ただし副作用リスクがあることをお忘れなく。

新育毛ケア成分「リデンシル」が配合されている医薬部外品の育毛剤であるリデン。一方で、脱毛抑制の効果がありAGAクリニックなどでも処方される医薬品プロペシア。

今回の記事では、

  • この2つを同時に併用するとどうなるのか?
  • 薄毛改善効果が高まるのか?
  • もしくは危険性はあるのか?

などについてまとめてみました。結論から言います。

リデンとプロペシア(フィナステリド)の併用は期待効果大。併用することによるリスクはとくになし。ただしプロペシアなどフィナステリド医薬品には副作用リスクがあることもお忘れなく。不安な方は医師に相談して処方してもらったほうがいい。

ではここからこの結論に至った理由、さらには使用上の注意点についても触れていきます。

さっそく本題に入りましょう。

リデン(REDEN)はどんな育毛剤?リデンシルどんな育毛効果とは?

リデン(REDEN)
・リデンシル2.7ml配合(業界トップ)
・モンドセレクション金賞受賞
・PAVONEアワード2年連増金賞受賞
・永久全額返金保証つき
分類 医薬部外品 育毛剤
有効成分 センブリエキス、オウゴン根エキス、グリチルリチン酸2K
注目成分 リデンシル
副作用 なし

体験レビューをみる公式ページをみる

そもそも「リデンシル」とは、スイスのインデュケム(Induchem)社が開発した頭皮ケア用新原料で、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛で構成されるスカルプケア成分です。

リデンシルには、

  • 幹細胞を刺激し毛母細胞を増殖させる
  • 幹細胞を刺激し休止している細胞も活性化
  • ヘアサイクルを正常化させる
  • 頭皮の炎症を抑える

などの作用があるとしてすでに世界的にも科学的根拠が示されており、再生医療分野でも理化学研究所やオーガンテクノロジーズによって実用化に向け研究が進められています。

リデンシルのある臨床実験によると、

  • 18-70歳の男性モニター26名に
  • リデンシル成分含有量3%の試験用トニックで
  • 84日間使用してもらう

というものがありました。プラセボ(有効成分を含まない製品)を使用したモニター対象と比較したところ、

  • 成長率の毛髪率が9%増加
  • 休止期・脱毛器の脱毛率が17%減少

という結果が得られました。また84日間使用したモニターのうち71%が今後も自分で購入して使用したいと答えたという。

さらにリデンシルは、2014年にドイツのハンブルグで開催された、世界最大級の化粧品原料・技術の展示会「in-cosmetics」で銀賞を獲得しています。

プロペシアによる薄毛改善効果とは?どんな副作用リスクがある?

プロペシア
・飲むAGA治療薬
・薄毛の改善、抜け毛の抑制効果あり
・世界60カ国以上で薄毛治療薬として販売
・日本ではMSD株式会社が販売
分類 医薬品
有効成分 フィナステリド
副作用 あり

無料オンライン診療で処方してもらう

プロペシアは簡単に言うと、脱毛を抑制する薄毛治療薬です。男性が薄くなるのはAGA(男性型脱毛症)が原因であり、そのAGAの原因となっているのがDHT(ジヒドロテストステロン)という物質であることがわかっています。

そして、そのDHTを生成しているのが男性ホルモンであるテストステロンと、還元酵素である5αリダクターゼです。この2つが結合することによりDHTが生成され脱毛がはじまってしまいます。

プロペシア(フィナステリド錠)は、このテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害する働きがあるため、結果DHTが生成されにくくなり脱毛抑制効果が得られるわけです。

DHTが減少すると、自然と抜け毛の量も減少します。人間の脱毛量は一日100本以内なら健康体と言われていますが、AGA(男性型脱毛症)が進行している場合は一日200本~400本ほど抜けるケースが多いです。

プロペシアなどフィナステリドを服用することで、徐々に抜け毛が落ち着きヘアサイクルも正常なものに回復していきます。

でも要注意!プロペシアの副作用リスクと危険な影響

プロペシアに含まれるフィナステリドには副作用リスクも存在します。具体的には、

  • リビドー減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • 過敏症
  • そう痒症
  • 蕁麻疹
  • 発疹
  • 血管浮腫
  • 口唇腫脹
  • 舌腫脹

などが挙げられます。もちろんすべての人に効果の個人差があるように、副作用の症状や程度にも個人差があります。

医薬品ですので取扱いには十分に注意し、とくに初めての方は専門医に相談してから処方してもらうようにすることをおすすめします。

また、フィナステリドは男性向けであり女性が服用することは危険です。

とくに妊娠中の女性では男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあることが米国FDAの公表する注意事項に掲載されています。

服用だけでなく触るだけでも皮膚から成分が体内に入ることがあるので、男性の方も取扱いには十分配慮し注意しましょう。

なぜリデンとプロペシアの併用で薄毛改善効果が高まるのか?

リデンはいわば「攻め」の育毛ケア、プロペシア(フィナステリド錠)はいわば「守り」の育毛ケアです。この攻守同時にうまくアプローチすることで、抜け毛を減らしながら頭皮環境も整えさらに髪の毛を育てるアプローチが出来ます。

また、プロペシアは医薬品なので他の医薬品と併用する場合、モノによっては危険なリスクがある可能性も考えられるためおすすめはしません。あえて併用するならば世界的に薄毛ケアとして確立されているミノキシジルとの併用でしょう。

ただしミノキシジルも医薬品のため副作用リスクは伴います。市販ではリアップEX5メディカルミノキ5などが有名ですが、そういったリスクも許容範囲に入るならば使用を検討してみるのもいいと思います。

しかしことリデンにおいては、副作用リスクのない医薬部外品です。プロペシアと併用してもなんら危険性はなく安全に育毛ケアを行うことができます。組み合わせとしては非常に相性がよくプロペシア単体で使う場合と副作用リスクは変わりません。

プロペシアのジェネリック!さらに安価に脱毛阻止したい方へ

ここまで読んでいただいた方の中には、でもプロペシアとリデンの併用となると金銭的に厳しいという方もいるかもしれません。一ヶ月で1万円以上の出費になるわけですからバカに出来ませんよね。

そういった方には、プロペシアのジェネリック医薬品とリデンの併用という選択肢もあります。

プロペシアのジェネリック医薬品は世界中にいくつか種類があり、日本でも個人輸入代行サイトを利用すれば自分で購入することが可能です。

ジェネリックは元祖プロペシアと配合成分は同じで効果も同じ。ただし価格は半値ほどで購入することが可能です。

ただし、個人輸入代行を利用する場合は副作用リスクもふくめ何があろうとすべて自己責任になります。

すでにプロペシアを使用した経験があり効果や副作用においても自分のカラダで熟知している人ならいいですが、これから初めてプロペシアに挑戦するという人にはおすすめできません。

初めての方はできるだけ医師に相談したうえで処方してもらうようにしてください。少々お金はかかりますが、それもリスクを軽減するため、安全に薄毛ケアを行うためです。

個人輸入代行で購入できるプロペシアのジェネリックはいくつかありますが、その中でも今人気があるのがフィナロイドです。販売ページには実際の使用者の口コミも参考にしてみてください。

フィナロイド
・フィナステリド1mg配合
・プロペシアと同成分
・着色料キノリンイエローフリー
・一日一回服用するだけ
分類 医薬品
有効成分 フィナステリド1mg
副作用 あり

使用者の口コミレビューをみる

抜け毛が激しい人は今すぐフィナステリドだけでも始めるべき!

今回リデンとプロペシア併用は薄毛改善効果が高いという話をしてきましたが、今すでに抜け毛が激しく薄毛が進行しているという方は、迷っている時間はありません。

「守りの育毛ケア」であるフィナステリド錠だけでも今すぐ始めることをおすすめします。リデンは二の矢でOKです。

というのも、薄毛は時間との闘いであり放置すればどんどん進行するだけ、さらに進行すればするほど回復しにくいという厄介な性質があります。

抜け毛を抑制するフィナステリドだけでも早めに初めて、少なくとも現状で喰い止めておくましょう。ただし、副作用リスクがあることも今回お話したのでその点だけ注意です。

初めての人は専門医に処方してもらいましょう。今やオンライン診療があるのでスマホさえあれば無料で診療、処方してもらえます。

>>無料オンライン診療で処方してもらう

すでにプロペシア経験者の人は、安価なジェネリックに切り替えるのもありです。成分はまったく同じでもコストが全然違ってくるので検討したほうがいいでしょう。

>>ジェネリック医薬品をチェックする