成分

リデンで頭皮環境が悪化?かゆみやフケが出てきた場合の対処法3つ!

かなり少数派ではありますが、リデンを使ったことによって

  • 頭皮に痒みが出てき
  • フケが増えた
  • 抜け毛が増えた
  • 逆効果だった

などの意見があるようです。

私自身すでに半年以上リデンを使用していますがそんな悪影響は出ていないし、むしろ頭皮環境が改善されているのを実感しているのですが、

もし万が一、同じように痒みやフケなどの異変を感じた場合に今すぐ取るべき対処法を紹介します。

リデンで頭皮に痒みやフケがみられた場合の対策3ステップ

ステップ1. まずはすぐ使用を中止する

もし頭皮に異常が見られたり肌に合わないと感じたら、まずはすぐに使用するのをやめましょう。これくらい大丈夫だと無理に使い続けると余計に悪化する可能性もあります。

もしかするとリデンに含まれる成分の中に、あなたの肌に合わないアレエルギー成分などがある可能性もあります。後ほど解説します。

ステップ2. 痒みやフケが治まるのを待つ

使用を中止したらしばらく様子を見てみます。できるだけその間は整髪料なども使わず、毎日お風呂で優しく頭皮を洗って清潔に保ちましょう。

もしすぐに治まるのであれば、たまたま体調が悪かっただけかもしれませんし、リデン以外にも生活習慣の乱れや別の要因による頭皮環境の悪化の可能性もあります。

ステップ3. 症状が改善しない場合は病院へ

しばらく様子をみても中々改善しない場合は、躊躇せず病院にいって専門医に相談してみたほうがいいです。あなたが知らないあなた自身のアレルギーがあるかもしれないし、別の原因の可能性も探ってもらえるかもしれません。

近くの皮膚科でもいいですし、さらに良いのはAGAクリニックや薄毛治療を行っている医院に診てもらうのがいいでしょう。近くにない場合は、無料オンライン診断を行っている病院もあるのでスマホさえあれば誰でも遠隔診療が可能です。

>>無料オンライン診療ってどうやるの?

リデン使用で抜け毛が増えたり逆効果と感じる人の特徴、原因とは?

アルコールアレルギーの人

リデンには配合成分にエタノールが含まれています。

男性用育毛剤にはよく入っている定番成分ではありますが、アルコールにアレルギーを持つ人の中にはエタノールが頭皮に反応しアレルギー反応を起こす可能性も考えられます。

リデンの配合成分を見るかぎりでは、その他刺激のある成分や危険性のある成分は配合されていないので、痒みやフケの原因として考えられるとしたらアレルギー反応による頭皮の炎症くらいです。

根本的に頭皮環境が悪すぎる人

アレルギー反応によるものよりも、こちらのほうが遥かに可能性が高いと考えます。リデンの使用によって抜け毛が増えた、逆効果だと感じる人のほとんどは根本的に別要因によって頭皮環境が悪化している可能性大です。

具体例を挙げると、

  • シャンプーの界面活性剤が頭皮に残留している
  • シャンプーのしすぎで必要な皮脂まで根こそぎとってしまっている
  • お風呂にたまにしか入らず頭皮を清潔に保てていない
  • ワックスなど整髪料が頭皮に残留している
  • 脂っこいものやファストフードなどを頻繁に食べる
  • 睡眠不足によるストレスや自律神経の乱れ

など様々な生活習慣の要因が考えられますが、ようはこれら複数の要因が絡み合って皮脂分泌が過剰になっていたり、頭皮が脂でつまってうまく呼吸できていなかったり、それらが慢性化して頭皮環境が育毛する準備すらできていない状態にあるのです。

こんな悪い頭皮環境で育毛ケアをしようとするのは、ボロボロの腐った土台のうえにお城を建てようとしているようなもの。土台がしっかりしていないといくら立派なものでも崩れてしまいます。

もしくはお城を建てなくても、土台ごと崩れてしまうかもしれません。これがリデンを使って抜け毛が増えたり逆効果だと感じる人のほとんどに起こっている現象と考えられます。

まとめ

もし自分が知らなかったアルコールによるアレルギーがある人、もしくはその可能性や不安がある人は、事前にパッチテストをしてから頭皮に塗布したほうが無難です。

その他、もしフケや痒みがでたり抜け毛が増えたと感じるならば、今回お話したようにリデンではなくあなた自身の生活習慣や頭皮環境の悪化に問題がある可能性が高いです。

何かを使いはじめてそのような良くない症状が出るとついそのせいにしてしまいがちですが、対処法としては今回お話した3ステップで様子をみながら、客観的に自分をみて他の要因を探りそこを改善していくことをオススメします。

育毛剤リデンはまだ買うな!最安値でお得に購入する方法|楽天やAmazonで買うと損します▼永久返金保障付きはココだけでした▼ リデン公式ページはこちら リデン育毛剤を買うときに、念のため どこで買うのが一番...