育毛剤比較

リデンとフィンジアを徹底比較!配合成分から高い効果が期待できるのはどっち!?

今回は、新スカルプ成分であるキャピキシルとピディオキシジルが配合された育毛剤「フィンジア」と同じく新育毛ケア成分リデンシルが配合されたリデン(REDEN)」を徹底比較してみました。

まず、サクッと結論から先に言います。

フィンジアとリデン、配合成分は違うもののそれぞれにこれまでなかった海外で開発された新成分がそれぞれ配合されていて、どちらを選んでも不正解じゃない。

医薬部外品と化粧品の差も大してない。あとは合うか合わないか。ただ、保証内容や定期コースの解約条件が異なるので、そのあたりも考慮に入れて自分の目的に合わせて選ぶのが◎

正直、成分上での優劣は決めかねます。

どちらも期待値という意味では一理あるし、どちらが勝っている劣っているの話ではなく、本気で育毛ケアに取り組みたい人は両方試してみて自分に合う方を選ぶのが一番かと思います。

ただそれだと結局どっちか決められないと思うので、そういった前提も含め、解約条件や保証内容なども考慮して自分の目的や予算に合わせて選ぶことをおすすめします。

以下、リデンとフィンジアそれぞれの配合成分やコスパなどの基本スペックから、保証制度や口コミ評判などについても比較してまとめてみました。

どちら使うか迷ってる人は少しでも参考にしてもらえればと思います。

比較1. リデンとフィンジアの基本情報・スペック

まずはそれぞれの基本的な情報、スペックをまとめて比較してみます。

リデン フィンジア
商品画像
メーカー 株式会社美元 株式会社ユーピーエス
分類 医薬部外品 化粧品
男女兼用
年齢制限
内容量 90ml/約1ヶ月分 50ml/約1ヶ月分
価格(税抜)
  • 単品12,800円
  • 定期9,800円(4回目以降8,900円)
  • 単品11,852円
  • 定期9,241円
  • 3本セット24,908円
送料 送料無料(公式) 送料無料(公式)
定期コース解約 3回目まで継続が条件 いつでも解約可能
保証制度 〇永久返金保証あり 〇30日間返金保証あり
特単オプション
購入できる所

リデンの特徴

医薬部外品の育毛剤で、新育毛ケア成分として今注目されているリデンシルを2.7mlと高濃度配合しているところが最大の特徴です。薄毛を自然な老化現象と考え若さを保つためのケアで育毛にアプローチします。

定期購入なら23%OFFの9,800円(送料無料)で購入できて、さらに永久返金保証がついてきます。

フィンジアの特徴

最大の特徴はキャピキシルとピディオキシジルという新スカルプ成分を配合しているところ。配合濃度はそれぞれ5%と2%でどちらも業界トップレベルです。ただし、厚労省の認可は受けていないので医薬部外品ではなく化粧品になります。

定期購入なら2,820円割引の9,980円(送料無料)で購入できて、30日間の返金保証がついています。

比較2. リデンとフィンジアの育毛成分

次に、一番肝心なそれぞれの配合成分について比較します。それぞれまったく違った成分が配合されており育毛理論も異なってきます。

リデンの配合成分

水、エタノール、DPG、グリセリン、クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体、センブリエキス、グリシン、セイヨウアカマツ球果エキス、オタネニンジン 根エキス、チャ葉エキス、タウリン、リシンHCI、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCI、セリン、バリン、ペンチレングリコール、アスパラスギン酸Na、ト レオニン、アラニン、イソロイシン、カキタンニン、アラントイン、アシタバ葉/ 茎エキス、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、メリッサ葉エキス、オウゴ ン根エキス、セージ葉エキス、チロシン、ルイボスエキス、カミツレ花エキス、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ハッカ油、グリチルリチン酸2K、シクロヘキ サン-1,4- ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、塩化亜鉛、乳化Na、メントール、キサンタンガム、PEG-60 水添ヒ マシ油、BG、クエン酸Na、ピロ亜硫酸Na、ポリリン酸Na、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウプロピニル

新育毛ケア成分「リデンシル」が2.7ml配合されています。これはスイスのインデュケム(Induchem)社が開発した頭皮ケア用新原料で、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛で構成されるスカルプケア成分です。

リデンシルには、

  • 幹細胞を刺激し毛母細胞を増殖させる
  • 幹細胞を刺激し休止している細胞も活性化
  • ヘアサイクルを正常化させる
  • 頭皮の炎症を抑える

などの作用があるとしてすでに世界的にも科学的根拠が示されており、再生医療分野でも理化学研究所やオーガンテクノロジーズによって実用化に向け研究が進められています。

リデンシルのある臨床実験によると、

  • 18-70歳の男性モニター26名に
  • リデンシル成分含有量3%の試験用トニックで
  • 84日間使用してもらう

というものがありました。プラセボ(有効成分を含まない製品)を使用したモニター対象と比較したところ、

  • 成長率の毛髪率が9%増加
  • 休止期・脱毛器の脱毛率が17%減少

という結果が得られました。また84日間使用したモニターのうち71%が今後も自分で購入して使用したいと答えたという。

さらにリデンシルは、2014年にドイツのハンブルグで開催された、世界最大級の化粧品原料・技術の展示会「in-cosmetics」で銀賞を獲得しています。

フィンジアの配合成分

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、センブリエキス、ヒオウギエキス、トウガラシ果実エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、キハダ樹皮エキス、メントール、グリセリン、クエン酸Na、クエン酸、デキストラン、PEG-40水添ヒマシ油、ラウラミンオキシド、フェノキシエタノール、エタノール、水、BG、パンテノール、ビワ葉エキス、褐藻エキス、グリチルレチン酸2K

センブリエキスやグリチルリチン酸2Kなど定番の成分も配合されていますが、やはりフィンジアの最大の特徴といえば

  • キャピキシル5%
  • ピディオキシジル2%

これらの新育毛ケア成分を配合されていることです。

キャピキシルとは

キャピキシルは、ナダの化粧品開発会社が開発したアカツメクサ花エキスアセチルテトラペプチド-3を主体とした育毛成分です。

アカツメクサが含むビオカニンAという成分が抜け毛をおさえながら、アセチルテトラペプチド-3が毛包の働きを維持するとされています。

キャピキシルは頭皮の免疫異常を正常化へと導くデータも実証されています。免疫異常を起こすと髪の毛の成長が滞りがちになるので、正常化することは薄毛を改善することにもつながるのです。

ピディオキシジルとは

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドとも呼ばれる成分で、発毛を促すことで知られているミノキシジルとよく似た構造をもつ育毛ケア成分です。

血行を促進する働きがあるので、毛母細胞に栄養素や酸素がちゃんと運ばれることによって髪の毛の成長を助けるアプローチをしてくれます。

ヘアケアだけでなく、まつ毛や眉毛美容液なんかにも配合されていますね。

 

販売元であるユーピーエスが資金提供し、日本薬科大学で臨床実感を行ったデータがあります。この実験では、

  • 20歳以上39歳以下の日本人男性に
  • 1日あたり1~2回の”フィンジア”を頭皮に塗布し
  • それを24週間継続する

これを行ったところ、以下のような結果が得られました。

正確な数値は公表されていませんが、グラフから読み解くに

  • 髪の密度の変化がみられた(12%)
  • 髪の成長する速度が上がった(7%)
  • 毛穴1個あたりに生える髪の本数が変化した(35%)

このような結果が得られています。また、試験期間中に被験物質と因果関係のある有害事象は確認されなかったため、フィンジアには安全性があるという評価がなされました。

比較3. リデンとフィンジアの保証

次に、それぞれの保証制度と定期コースの規定の違いについて比較してみます。

どちらにも全額返金保証制度が用意されていますが、期間の制限や細かな規定で保証内容や条件に違いがあります。後々トラブルにならないためにも購入前に確認しておくほうが無難です。

また、保証の手厚さからメーカーの効果への自信の表れとも取れなくもありませんが、保証制度を特典にしたセールステクニックであることも忘れてはいけません。

保証が手厚=効果があるなしは別の話なので、あくまで地肌に合う合わないを判断するためのテスト期間と捉えるといいかと思います。

リデンの永久返金保証制度

リデンには期間に制限のない永久返金保証がついています。以下、適用条件や注意点をまとめておきます。

  • リデンを買うのが初めての人
  • 定期コースで購入した人のみ(※単品、複数本、3本まとめ定期コースは適用外)
  • 返品前に事前に電話で返金要請した人
  • 商品代金の支払いが確認されてる人
  • 返金要請をしてから3日以内に返品発送しなければいけない

これらに注意しなければなりません。とくに、対象となるのは定期コースで購入した人のみです。まとめ買いも3本まとめ定期コースも返金保証対象にはならないということに注意です。

その他、返金要請するためには上記のような細かい規定があるので事前に把握しておかないとトラブルに繋がりかねません。

また、全額返金保証とはいえ返品するための費用はこちら持ちになります。全額返金保証を使うための費用としてかかってくるのは、

  • 事務手数料 1,000円
  • 代引き手数料 420円
  • 返品時の送料 660円
  • 返品時に梱包代金(かかった場合のみ)

となるため、最低でも合計2,020円以上は負担する必要があります。

詳しくは以下の記事でまとめているので興味ある方はどうぞ。

育毛剤リデン(REDEN)永久返金保障の条件や注意点|公式HPよりわかりやすく解説リデン(REDEN)を公式サイトで購入すると、「永久返金保障」なるものがついてくる。(※もとは7日間だったみたいですが、今は永久返金に変...

フィンジアの30日間返金保障制度

一方で、フィンジアは30日間という期間制限を設けた返金保証制度になっています。以下、適用条件や注意点をまとめておきます。

  • フィンジアを買うのが初めての人
  • 返品前に事前に電話で返金要請した人
  • 単品購入は保証対象外
  • 定期コースの場合、1本目のみが対象
  • 3本セット購入の場合、2本目を開封した時点で返金対象外になる

これらに注意しなければなりません。とくに一本目のみが返金対象になるので、定期コースやセット購入した場合は2本目を開ける前にしっかり考慮して続けるかやめて返金保証を使うか決めましょう。また単品購入はそもそも返金対象外になります。

ちなみに、保証期間は商品を受け取った時点から30日以内です。その他返送に関しても細かい規定があるので事前に把握しておかないとトラブルに繋がりかねません。

返品時に必要なもの(本品以外の必要書類など)や返品先住所は公式サイトに載っているので詳しくはそちらをご覧ください。

また、全額返金保証とはいえ返品するための送料はこちら持ちになります。全額返金保証を使うための費用としてかかってくるのは、

  • 返品時の送料
  • 返品にかかる振込手数料
  • 各種支払い手数料(かかった場合のみ)

このあたりは自己負担になります。振込手数料はメーカー負担してくれるところが増えていますが、フィンジアに関してはまだこちら負担になっています。

比較4. リデンとフィンジアの定期解約条件

次に、定期コースの解約条件についてです。リデンとプランテルEX、おそらくほとんどの人はお得な定期コースから購入すると思いますが、この定期コースの解約条件が両者で違います。

リデンの定期コースは3回継続が条件

リデンの定期コースは、一度申し込むと3回継続が条件になります。解約できるのは4回目からになるので注意しましょう。

これは臨床実験で効果が出ている3回目(約3カ月)までの継続を推奨することからこういった規定をつけているということです。

まあ推奨するなら文言だけでいいと思うし、わざわざ規定までつけて「3回縛り」をつける必要はないとは思いますが、このあたりは企業も利益を追求するわけですから、そういうことです。全部は言いません。

とはいえ、リデンに限らず育毛剤の効果を実感しようとすると3カ月以上は最低でも継続しない限り難しいのは事実です。人間の毛周期(ヘアサイクル)からしても、1ヶ月や2ヶ月では変化は考えられません。早くても3ヶ月目あたりからでしょう。

フィンジアの定期コースは初回解約可能

一方で、フィンジアの定期コースは解約に関して条件はなくいつでも解約可能です。

言ってしまえば初回で解約することも可能なので、明確な使用期間の目標がない人でも気軽に試せるという点ではリデンと比べるとアドバンテージではあります。

さらに言えば、定期コースで申し込んでから初回で解約してしまえば実質単品購入するのと同じことになるので、とりあえず一本だけ試したいという人でも割高でわざわざ単品購入を選ぶメリットはありません。

フィンジアに関しては単品購入は損するだけなので必ず定期コースを使いましょう。

ただし、前述した通りはじめの一本で髪が生えたり抜け毛が減るということはほぼ100%不可能です。期待するだけ無駄。本気でリデンシルの効果に賭けてみるなら同じくヘアサイクルを考慮して3~4ヶ月程度は続ける必要があります。

比較5. リデンとフィンジアの口コミ評判

最後に、実際に使用した人たちの口コミ評判をそれぞれまとめておきます。参考になればと思います。

リデン使用者たちの口コミ評判

3ヶ月ほど継続して使い続けたら生え際に変化が!やはり継続して使わないと効果は実感できないのでこのまま使っていこうと思います。

購入して5ヶ月経ちましたが気になる生え際さほど気にならなくなりました

おでこ周りの生え際の産毛が育っているように感じる

諦めずに継続してリデンを使用してみて私の場合は7ヶ月あたりで目に見えて生え際の薄毛が改善し始めてきました。

今のところとてもいい感じ。髪にハリが出てきたので継続して使ってみようと思う。

 

このように、医薬部外品のためすぐには効果が実感できなくとも、継続して地道にコツコツ頑張ることで効果を実感している方が多いようですね。

自分自身もリデン100日体験があった今だから共感できる口コミも多く、たまたま偶然ではなかったんだなと思った次第です。

個人差があるのでももちろん変化がなかったという意見もありますが、ここまで変化を実感している人がいる事実を考えるとダメ元でも試してみる価値はあると思います。

フィンジア使用者たちの口コミ評判

使い始めて4ヶ月。抜け毛が減ってきたことと、髪の毛に少しハリらしきものを感じるようになった。

義理の弟が昨年の夏から使い始めて、頭頂部に少しボリュームが出ています。

使い始めてやや復活した気がして、一時別の商品にしたらまた薄くなり、そこでまた使い始めたら復活したので、私には効いている気がします。

まず人の意見として、私は髪が増えたそうだ。私自身は減ったように感じていた。でも髪は太くなった。

I bought it not for my self but for my friend.
After he used it for about 3 months (3 bottles) his hair grow up

 

フィンジアもリデンの口コミと同じく、賛否両論あるもののしっかりと効果を実感している人もいるようです。抜け毛が減った、髪にボリュームが出てきたなどの意見が目立ちます。

もちろん中には効果がなく使用をやめたという人もいますが、意見を見ていると一ヶ月やそこらで判断してしまっている人が多く、またミノキシジル発毛剤のようにないところから髪が生えたり劇的な変化を期待しすぎているような気もします。

あくまで発毛剤ではなく育毛剤ですからね。医薬部外品なので厚労省が認めているのは「緩やかな効果」です。やはり数ヶ月~1年ほどコツコツ継続している人による口コミが信憑性という意味では確かかと思います。

【結果】リデンとフィンジアを比べてわかったこと

今回リデンとフィンジアを比較してわかったことは、冒頭でもお話した通り、

配合成分は違うもののそれぞれにこれまでなかった海外で開発された新ケア成分がそれぞれ配合されていて、どちらを選んでも不正解じゃない。

医薬部外品と化粧品の差も大してない。あとは合うか合わないか。ただ、保証内容や定期コースの解約条件が異なるので、そのあたりも考慮に入れて自分の目的に合わせて選ぶのが◎

ということです。

目的で選んだほうがいいというのは具体的に言うと、

  • どのくらいの期間を目標に使い続けるのか?
  • はじめから3ヶ月以上の継続を見越して使ってみるのか?
  • とりあえず一本だけ試してみて肌への刺激や使い心地を試してみたいか?

という点ですフィンジアは定期コースでも申し込んでもいつでも解約できるので気軽に試せますが、リデンは3回継続が条件なのでそれ以上使う気合がある人でないと無駄になります。

ただ一方で、リデンは永久返金保証が付いているのに対し、フィンジアは30日間でしかも2本目を受け取る前(開封する前)までに返金保証を使うかどうかの判断をしなければなりません。

どちらも定期解約と保証制度でメリット・デメリットがあるので目的やライフスタイルで選ぶことをおすすめします。

ちなみにがっつり3カ月以上試すと決めている人なら、どちらを選んでもOKです。保証や解約規定など関係なくなるので、あとは直感やインスピレーションで決めて自分が納得して取り組むのが一番かと。

最後になりますが、簡単にそれぞれこんな人にはこっちがおすすめというのもまとめておきます。

リデンをおすすめできる人

  • これまでに試した育毛剤で効果が実感できなかった人
  • キャピキシル配合育毛剤でダメだった人
  • 3ヶ月~4ヶ月以上は最低でもコツコツ続けたい人

リデン公式ページはこちら

フィンジアをおすすめできる人

  • これまでに試した育毛剤で効果が実感できなかった人
  • リデンシル配合育毛剤でダメだった人
  • 3ヶ月も続けるつもりはなく1本か2本だけ使ってみたい人

フィンジア公式ページはこちら

 

 

育毛剤リデンはまだ買うな!最安値でお得に購入する方法|楽天やAmazonで買うと損します▼永久返金保障付きはココだけでした▼ リデン公式ページはこちら リデン育毛剤を買うときに、念のため どこで買うのが一番...